山陽新聞デジタル|さんデジ

日米韓、北朝鮮完全非核化へ決意 3外相、連携を確認

 日米韓外相会談に臨む(左から)茂木外相、ブリンケン米国務長官、韓国の鄭義溶外相=5日、ロンドン(共同)
 日米韓外相会談に臨む(左から)茂木外相、ブリンケン米国務長官、韓国の鄭義溶外相=5日、ロンドン(共同)
 日本と米国、韓国の3カ国は英ロンドンで5日午前(日本時間同日夕)、日米韓外相会談を開催した。1月のバイデン米政権発足後初めて。米政権による対北朝鮮政策見直し作業の完了を踏まえ、北朝鮮の完全非核化へのコミットメント(決意)を再確認し、北朝鮮に国連安全保障理事会決議の下での義務に従うよう求める方針で一致した。北朝鮮政策を具体的に進める際には、3カ国で緊密に連携すると申し合わせた。

 会談には茂木敏充外相とブリンケン米国務長官、韓国の鄭義溶外相が出席した。ブリンケン氏は3日、北朝鮮の行動を注視しつつ、外交交渉を模索する考えを表明した。

(2021年05月05日 19時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ