山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県109人感染 2日連続で100人超える

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で3日、109人の新型コロナウイルス感染と、感染し入院していた高齢者2人の死亡が発表された。1日当たりの感染者数では過去3番目の多さで、100人を超えるのは2日連続。内訳は岡山市60人、倉敷市34人、真庭市9人、玉野市3人、高梁、笠岡、備前市各1人。死者は1人が倉敷市、県発表のもう1人は居住地非公表。県内での感染確認は4244人、死者は47人となった。

 岡山市では、県内77、78例目となるクラスター(感染者集団)が発生。77例目は接待を伴う飲食店で、県による営業時間短縮要請の対象地域にある。既に陽性が判明している2人を含め、従業員計11人の感染が分かった。78例目は医療機関で、発表済みの2人を含め、感染者は職員と患者計13人となった。ともに関係者を把握できるとして施設名は非公表とした。

 同市の4人、倉敷市の7人、真庭市の7人もこれまでに発表されているクラスターの関係者だった。

 109人のうち倉敷市の1人が中等症で、ほかは軽症か無症状。37人の感染経路が不明という。

(2021年05月03日 19時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ