山陽新聞デジタル|さんデジ

没後50年 百閒今なおファン魅了 相次ぐ書籍刊行、岡山で特別展も

 人生の悲哀をユーモアでくるむ飄々(ひょうひょう)とした筆致で、今も根強いファンを抱える岡山市出身の...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2021年05月04日 11時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ