山陽新聞デジタル|さんデジ

美作でニジマス釣り大会 愛好者が魚の引きを楽しむ

ニジマスを釣り上げる参加者=吉野川
ニジマスを釣り上げる参加者=吉野川
ニジマス釣りを楽しむ愛好者=吉野川
ニジマス釣りを楽しむ愛好者=吉野川
ニジマスを釣り上げて喜ぶ参加者=吉野川
ニジマスを釣り上げて喜ぶ参加者=吉野川
 吉野川漁協(美作市松脇)は3日、恒例のニジマス釣り大会を同市作東地域と岡山県勝央町の3河川で開き、青空の下、愛好者が魚の引きを楽しんだ。

 前日に漁協近くの吉野川、土居小(同市土居)前の山家川、同町東吉田の滝川に計約2千匹を放流し、この日午前6時から大会を開始。吉野川の釣り場所では、参加した約50人がガの幼虫やイクラなどを餌に糸を垂らし、浮きや目印が水中に沈むと、タイミングを合わせて次々と釣り上げた。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた自粛生活が長引く中、参加者は開放感あふれる自然を満喫してリフレッシュ。大型連休を近場で楽しもうと初めて参加したという同市の会社員男性(58)は「ピクピクと当たりが伝わってきて面白かった。そこそこ釣れました」と話した。

(2021年05月03日 17時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ