山陽新聞デジタル|さんデジ

成人式代わりに撮影スポット用意 高梁と浅口、着物姿で思い出残す

撮影スポットで記念撮影する新成人=高梁総合文化会館
撮影スポットで記念撮影する新成人=高梁総合文化会館
旧友と再会して記念写真に納まる新成人たち=浅口市中央公民館
旧友と再会して記念写真に納まる新成人たち=浅口市中央公民館
 新型コロナウイルスの感染拡大で中止となった高梁市と浅口市の成人式の代替イベントが2日行われた。いずれも撮影スポットを用意。スーツや振り袖に身を包んだ新成人が集い、旧友との再会を喜んでいた。

 高梁市の撮影スポットは高梁総合文化会館(同市原田北町)。入り口前に「令和三年 高梁市 成人祝賀式」と書かれた看板が設置され、旧友と記念撮影するなどしていた。女性(20)=同市=は「式がないのは残念だけど、着物姿で友達と思い出を残せて良かった」と話した。

 同市役所には実行委メンバーが集合。出席予定だった約200人を対象に景品が当たるくじ引きをし、写真共有アプリ・インスタグラムで生配信した。

 浅口市では前日に続き、同市中央公民館(同市鴨方町鴨方)など3カ所に撮影コーナーが設けられた。各会場では中学校の恩師による祝いの言葉が放映された。新成人が決意を書く掲示板も用意され、「それぞれの道でガンバロー」といったメッセージが寄せられた。

 同公民館を訪れた女性(20)=鳥取市=は「一生に一度の機会で、工夫してもらいありがたい。振り袖を着られ、久しぶりに会う友達もいてうれしかった」とした。

 コロナ禍で、2市の成人式は1月10日から5月2日に延期されたが、中止となった。

(2021年05月02日 19時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ