山陽新聞デジタル|さんデジ

弁当食べ23人が食中毒 倉敷の業者製造、いずれも軽症

倉敷市役所
倉敷市役所
 倉敷市は1日、同市連島町連島の飲食店「フレッシュ寿」の本社工場が製造した弁当を食べた23人が、下痢や吐き気などの食中毒症状を訴えたと発表した。入院はなく、いずれも軽症のもよう。

 市保健所によると、20~70代の男女で、市内5事業所の従業員。4月26~28日に牛タンシチューフライ、若竹煮などの入った弁当を食べた。共通した食事がほかにないことから、同工場の弁当による食中毒と判断した。同30日は工場が営業を自粛したため、1日から4日間の営業停止とした。

(2021年05月01日 18時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ