山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷商 総社南 倉敷工 創志学園が4強 春の岡山県高校野球第3日

山陽戦で先発し好投した総社南の三宅智也=倉敷マスカット
山陽戦で先発し好投した総社南の三宅智也=倉敷マスカット
 春の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)第3日は30日、倉敷市のマスカットスタジアムと市営球場で準々決勝4試合があり、倉敷商、総社南、倉敷工、創志学園が準決勝に進んだ。総社南は夏、秋を含め初の4強入り。

 倉敷商は粘る岡山東商を5―4で振り切り、総社南は2投手の継投で山陽に1―0で零封勝ち。倉敷工は6―0で商大付に完勝し、創志学園は3―1で興譲館を下した。4強入りした4校は今夏のAシードを獲得した。

 第4日の1日はマスカットスタジアムで創志学園―総社南(午前9時)、倉敷工―倉敷商(正午)の準決勝が行われる。

▽準々決勝

岡山東商
200002000|4
10202000X|5
倉敷商

▽本塁打 山本陽斗▽三塁打 藤森▽二塁打 山下、永野

 【評】中盤までに5得点の倉敷商が反撃をしのぎ切った。1―2の三回1死から3連打で満塁とし、山下の2点二塁打で逆転。五回は藤森の適時三塁打と山下の犠飛で大きな2点を加えた。三宅貫が4回、永野が5回を投げて共に2失点。バックが無失策で支えた。

 岡山東商は六回、山本陽斗の2ランで1点差に迫り、九回は2死一、二塁と攻めたが及ばなかった。

山陽
000000000|0
00000100X|1
総社南
▽二塁打 倉田

 【評】総社南は0―0の六回1死一、二塁から田中の右前適時打で均衡を破り、これが決勝点。投げては左腕三宅が6回2/3を5安打、2番手の金安は無安打に封じ、最少リードを守り抜いた。

 山陽はセーフティースクイズ失敗などで先制機を逃し、流れをつかめなかった。先発岩田は7回4安打1失点とよく投げた。

倉敷工
100400001|6
000000000|0
商大付
▽三塁打 日向▽二塁打 岡田、福島、難波▽暴投 長尾

 【評】倉敷工は先発多々野が制球良くコーナーに投げ分け、8回2/3を散発3安打無失点。最後の一人を中村が右飛に仕留め、零封した。打線は一回に福島の右前適時打で先制し、四回には松本、福島、坂元の3連打と日向の左越え2点三塁打などで畳み掛け、一挙4点と突き放した。

 商大付は2戦連続コールド勝ちと好調だった打線が振るわなかった。

創志学園
100000110|3
000010000|1
興譲館
▽二塁打 川端、広田、小林、黄

 【評】創志学園は右腕川端が切れのある直曲球を武器に毎回の11三振を奪い5安打1失点、無四球で完投した。打線は同点の七回、先頭藤本の左前打を足場に1死二塁とし、山岡の中前適時打で勝ち越した。八回は川端、木村駿の長短打で加点した。

 興譲館は先発の廖が6回1失点と粘ったが、打線が小林の適時二塁打による五回の1点に抑え込まれた。

(2021年04月30日 22時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ