山陽新聞デジタル|さんデジ

太田渉子、パラ「初代女王に」 テコンドー代表が抱負

 太田渉子
 太田渉子
 東京パラリンピックで正式競技に採用されたテコンドー代表の3選手が30日、オンラインで取材に応じた。冬季パラの過去3大会に出場したスキーから転向した女子58キロ超級の太田渉子は「初代女王が決まる大会。そこに向けて挑戦を続けている。社会の中でさまざまな人が活躍できると知ってもらいたい」と言葉に力を込めた。

 男子75キロ級の工藤俊介は「わくわくとどきどきが止まらない。泥くさく諦めずに闘う」と意気込んだ。コロナ禍で今後の実戦予定は白紙で、同61キロ級の田中光哉は「(海外勢より)競技歴が短いので、映像がないのはメリット。相手を驚かせたい」と前向きに話した。

(2021年04月30日 18時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ