山陽新聞デジタル|さんデジ

創志学園、総社南などが8強 春の岡山県高校野球第2日

【城東―倉敷工】6回裏倉敷工1死満塁、松本の左前打で三走に続き、二走岡田が生還、5―3と勝ち越す。捕手森本=倉敷マスカット
【城東―倉敷工】6回裏倉敷工1死満塁、松本の左前打で三走に続き、二走岡田が生還、5―3と勝ち越す。捕手森本=倉敷マスカット
 春の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)第2日は25日、倉敷市のマスカットスタジアムなど県内3球場で2回戦8試合が行われた。山陽、興譲館、倉敷工などが夏の岡山大会のシード権を得る8強入りを決めた。

 山陽は攻守がかみ合い、学芸館を3―1で下し、興譲館は5―0で日新に快勝した。倉敷工は10―3の七回コールドで城東を退け、総社南は昨秋準優勝の関西に10―3で勝利し、20年ぶりの準々決勝進出。岡山東商と商大付はともにシード校の玉野商工、玉島商を破った。このほか、昨秋優勝の創志学園、倉敷商が勝ち上がった。

 第3日の29日はマスカットスタジアムと倉敷市営の2球場で準々決勝4試合がある。県内の新型コロナウイルスの感染状況悪化を受け、準々決勝以降も1、2回戦同様、無観客で実施する。

▽2回戦

水島工
0000000|0
0021103x|7
創志学園
   (七回コールド)

(水)金森―下野
(創)川端―栗山
▽三塁打 金田(創)▽二塁打 山岡、横井、坪井、川端(創)

 【評】そつのない試合運びを見せた創志学園が快勝した。三回無死二、三塁から山岡の右前打で2点を先制。4点リードの七回は1死満塁で川端が走者一掃の左中間二塁打を放ち勝負を決めた。川端は投げても被安打3と安定感があり、バックは2併殺でもり立てた。

 水島工は先発金森が7三振を奪うなど粘り強く投げたが、打線が振るわなかった。

興譲館
020000201|5
000000000|0
日新
(興)山口―広田
(日)芦和、石田、山本―宮野、永谷、宮野
▽二塁打 大谷(興)橋本、宮野(日)▽暴投 芦和(日)

 【評】興譲館が終始優位に進めて快勝した。二回1死二塁、大谷が先制の左翼線二塁打を放ち、なおも2死後、岩井の右前打で加点。七回は4四球が絡み、大きな2点をもぎとった。左腕山口は被安打8ながら要所を締めて完封。緩急巧みに11三振を奪った。

 日新は一回2死一、三塁の先制機を逃し、流れを引き寄せられなかった。

総社南
001200007|10
012000000|3
関西
(総)三宅、金安―細川
(関)若松、前田、藤川―小林
▽三塁打 三宅、吉田(総)坂道(関)▽二塁打 三宅、田中2(総)▽暴投 三宅(総)若松(関)▽ボーク 金安(総)

 【評】総社南が同点の九回に一挙7点を奪い、勝負を決めた。2死二、三塁から吉田の右中間三塁打で2点を勝ち越すと、さらに三宅の適時打や押し出し死球、田中の走者一掃の二塁打で5点を加えた。五回途中から登板した右腕金安は2安打無失点の好投。

 関西は14残塁と打線がつながりを欠いた。九回は投手陣が5四死球を与え、傷口を広げた。

学芸館
000000010|1
01000101X|3
山陽
(学)仲村、西村―勝楽
(山)大槙―浅沼
▽三塁打 勝楽(学)▽二塁打 吉富(学)飯田(山)▽暴投 大槙(山)

 【評】山陽が接戦を制した。主戦の右腕大槙は要所を締め、157球で1失点完投。バックも好守でもり立てた。打線は二回1死満塁から大槙の一前スクイズで先制し、六、八回はいずれも5番徳永遥の適時打で貴重な追加点を挙げた。

 学芸館は毎回のように走者を出しながら攻め切れず、暴投による八回の1点のみ。先発仲村を援護できなかった。

玉島商
1000200|3
0011143x|10
商大付
(七回コールド)
(玉)難波、村上、長富―大西
(商)長尾―関戸
▽二塁打 西(玉)河原(商)▽暴投 村上(玉)▽ボーク 村上(玉)▽捕逸 関戸(商)

 【評】15安打の商大付が小技も絡めて2試合連続のコールド勝ち。同点の六回2死三塁から河原、安井、長尾、関戸の4連続長短打と暴投などで4点を奪い、七回には2本のスクイズを成功させた。右腕長尾は粘り強い投球で7回を自責点1。

 玉島商は五回に西の2点適時打で逆転したが、中盤以降の失策がことごとく失点に絡み、流れを手放した。

城東
2000010|3
0200053x|10
倉敷工
(七回コールド)
(城)塚本、岡本―森本
(倉)水田―松本

▽三塁打 宮岡(城)増田(倉)▽二塁打 鈴木(城)城内(倉)▽暴投 岡本(城)

 【評】六、七回に大量8点を挙げた倉敷工がコールドで試合を決めた。2―3の六回1死一、三塁から岡田の左前打で追い付き、死球を挟んで松本の2点適時打で勝ち越し。さらに敵失の間に2者が生還した。二、七回も抜け目なく相手のミスを得点につなげた。

 城東は一回に武田、鈴木の連続適時打、六回は宮岡の適時三塁打で2度先行したが、5失策と崩れた。

倉敷商
102000200|5
001010100|3
就実
(倉)三宅貫、永野―小田
(就)木島―北山
▽三塁打 藤森(倉)▽二塁打 藤森(倉)北山、秋田、木島(就)▽暴投 木島(就)

 【評】倉敷商は一回1死二、三塁から藤森の左前打で先制すると、三回にも藤森の右中間2点適時三塁打で主導権を握った。3―2の七回は小田、池上の連続適時打で粘る就実を振り切り、三宅貫―永野の継投も決まった。12残塁と攻めあぐねたのは改善点。

 就実は連投の主戦木島が13安打を浴びながら粘りの投球を見せたが及ばなかった。

岡山東商
000300011|5
200000000|2
玉野商工
(岡)長谷川、福島―下口
(玉)長谷川―少路
▽三塁打 福井(岡)岡(玉)▽二塁打 福島、小島、相野、山本陽斗(岡)

 【評】岡山東商は2点を追う四回2死一、二塁から福井の中越え三塁打で同点、続く光森の左前打で勝ち越した。11安打で長打5本と力強かった。四回から継投した福島は尻上がりに調子を上げ、被安打4無失点で反撃を許さなかった。

 玉野商工は一回に岡の三塁打で2点先制したが、追加点を奪えず。主戦長谷川も踏ん張れなかった。

(2021年04月25日 20時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ