山陽新聞デジタル|さんデジ

総社南、岡山東商など2回戦へ 春の岡山県高校野球開幕

【岡山東商―光南】3回表岡山東商無死三塁、下口の左犠飛で三走相野(左から2人目)が生還し、5―0とする=倉敷市営
【岡山東商―光南】3回表岡山東商無死三塁、下口の左犠飛で三走相野(左から2人目)が生還し、5―0とする=倉敷市営
 春の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)は24日、倉敷市のマスカットスタジアムなど県内3球場で開幕し、1回戦8試合があった。

 総社南は8―6で理大付との打撃戦を制し、岡山東商は7―0の七回コールドで光南に完勝。日新は津山商を9―2の八回コールドで退け、就実は6―2で美作を下した。このほか、水島工、城東、山陽、商大付が初戦を突破した。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。マスカットスタジアムで行われた開会式では岡山の遠藤大河主将(3年)が「野球ができる喜びをかみしめ、感謝の思いを全力プレーで表現することを誓います」と宣誓した。

 第2日の25日は、昨秋の県大会で8強入りしたシード校が登場し、2回戦8試合が3球場である。

 ▽1回戦

理大付
201010200|6
00402002X|8
総社南
(理)浦上、西村、中嶋―小山、前原
(総)三宅、金安―細川
▽本塁打 細川(総)
▽二塁打 伊豆2、山根章(理)本井、角木(総)▽暴投 三宅(総)

 【評】総社南が打ち勝った。3点を追う三回無死満塁から細川の押し出し四球、角木の走者一掃の左中間二塁打で逆転。追い付かれた直後の五回は細川のソロ本塁打などで2点を勝ち越し、6―6の八回は田中の中前適時打、角木の犠飛で再度突き放した。

 理大付は相手を上回る15安打を放ちながら13残塁と、好機に畳み掛けられなかった。

岡山東商
3020002|7
0000000|0
光南
(七回コールド)
(岡)福島―下口
(光)小島、木村、小林―吉井
▽二塁打 相野、下口、小島、山本陽斗、横山(岡)
▽暴投 小島(光)

 【評】岡山東商は先発の右腕福島が散発4安打で7回零封。バックも無失策、2併殺で支え、二塁も踏ませなかった。打っては一回、敵失と連続四死球で無死満塁とし相野、福島の適時打などで3点を先制。七回1死二、三塁は横山が2点適時二塁打で勝負を決めた。

 光南は救援した右腕木村が3回無失点と立て直したが、打線が反撃の糸口をつかめなかった。

津山商
10000010|2
00032013x|9
日新
(八回コールド)
(津)赤鹿、田村、小坂田―高森
(日)山本、原田―宮野、永谷
▽三塁打 橋本、川中(日)▽二塁打 高森(津)山本(日)▽暴投 田村(津)

 【評】日新が逆転勝ち。0―1の四回1死二塁から橋本の三塁打、赤沢のスクイズなどで3点を挙げ、試合をひっくり返した。打線は12安打と力を発揮し、5犠打を決めるなど小技もさえた。山本、原田の両投手は10安打されながら2失点と踏ん張った。

 津山商は一回に竹本の適時打で先制したものの、与四球8と制球に苦しみ痛打も浴びた3投手が誤算だった。

美作
000001010|2
00004020X|6
就実
(美)里見―岩本
(就)木島―北山、大橋
▽暴投 里見2

 【評】就実は11安打すべてが単打とコンパクトなスイングが光った。五回、1死二、三塁で三木が中前2点適時打を放ち均衡を破ると、さらに敵失と茂見の左前適時打で2点を加えた。6安打2失点で完投した右腕木島は直球を軸に11三振を奪った。

 美作は失点に絡んだ3失策が悔やまれる。主戦の里見はバットで適時打2本と意地を見せた。

水島工
2024500|13
3100000|4
岡山
(七回コールド)
(水)高崎、栗林―下野
(岡)遠藤、重光、遠藤―宮本
▽三塁打 小野2、黒岩(水)井原、守安(岡)▽二塁打 下野(水)守安(岡)▽ボーク 遠藤(岡)

 【評】水島工が中盤一気に突き放した。4―4の四回に黒岩と小野の適時三塁打などで4点を勝ち越し。五回は相手守備の乱れにも付け込み、3安打で5点を奪って勝負を決めた。守っては高崎、栗林の継投で三回以降1安打に抑えた。

 岡山は一回に井原、守安の適時打で3―2と逆転したが、投手陣が粘れず、守備も3失策と不安定だった。

城東
22460|14
00000|0
高梁
(五回コールド)
(城)塚本、岡本―森本
(高)越智、山口、平松―池田、芳賀
▽本塁打 宮岡(城)
▽三塁打 河田、山根(城)▽二塁打 武田、鈴木(城)▽暴投 岡本(城)越智4(高)

 【評】14安打14得点と城東打線が爆発した。一回1死二塁から河田の右越え三塁打と森本の左前打で2点先制。三、四回は宮岡の右越え3ランや中川の2点スクイズなどで大量10点を奪った。投げては塚本、岡本の継投で散発3安打に封じた。

 高梁は投手陣が踏ん張れず、四回まで毎回失点。打線は上田の右前打などで2死一、三塁とした一回に反撃したかった。

岡山工
00000|0
3054X|12
山陽
(五回コールド)
(岡)人見―古元
(山)岩田、樋口、大井―浅沼
▽二塁打 岩田(山)▽暴投 人見(岡)

 【評】山陽が圧勝した。一回1死一、二塁から上本の中前打で先制し、四球を挟んで倉田の内野安打、浅沼の犠飛で2点を追加。出だしで主導権を握ると、三、四回はいずれも敵失や四死球に乗じて大量点を挙げた。長打は1本のみながら、足も絡めて11安打で12得点とそつがなかった。

 岡山工は投打に振るわず、与四死球7、3失策と自滅した。

商大付
18210|12
01000|1
倉敷南
(五回コールド)
(商)長尾、松島―関戸
(倉)西山、藤井、横川―鶴崎
▽三塁打 関戸(商)藤原(倉)▽二塁打 大津、今田、内田(商)▽暴投 藤井(倉)

 【評】13安打12得点の商大付が大勝した。一回2死一塁から関戸の右越え三塁打で先制すると、二回に打線が爆発。6短長打を集めて8得点し、早々に試合を決めた。長尾、左腕松島のリレーで反撃を封じ、バックも無失策で隙がなかった。

 倉敷南は二回に藤原、三宅の連打で一矢報いたものの、三回以降は無安打に抑え込まれた。

(2021年04月24日 19時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ