山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県で新たに45人 1人死亡、県内感染3384人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で22日、新たに45人の新型コロナウイルス感染が確認された。倉敷市では入院中の高齢者1人の死亡も判明。県内での感染確認は3384人、死者は38人となった。

 感染者の内訳は岡山市29人、倉敷市8人、総社市4人、玉野市2人、新見、笠岡市各1人。岡山市の2人は市内の飲食店の従業員で、既に感染が判明した同僚4人と合わせて6人となり、市は県内64例目のクラスターと判断した。

 クラスターの関係ではこのほか、倉敷市の接待を伴う飲食店で1人、総社市の会社で3人の新規感染が分かり、一連の感染者は倉敷市の飲食店が12人、総社市の会社が26人となった。

 この日の感染者45人のうち、2人が中等症で、ほかは軽症か無症状。13人の感染経路が分かっていない。

(2021年04月22日 19時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ