山陽新聞デジタル|さんデジ

アップルとグーグルの独占に批判 アプリ販売で米上院公聴会

 米上院の反トラスト小委員会が開いた公聴会で証言するアプリ業者ら=21日、米ワシントン(共同)
 米上院の反トラスト小委員会が開いた公聴会で証言するアプリ業者ら=21日、米ワシントン(共同)
 【ワシントン共同】米上院司法委員会の反トラスト小委員会は21日、米IT大手のアップルとグーグルによるアプリ販売市場の独占を巡り公聴会を開いた。アプリ業者らは、大手2社が自社のアプリストアを通じた「強権的な支配」で多くの弊害をもたらしていると批判。公正な競争を促す法整備が必要だと訴えた。

 米議会では巨大IT企業に対する規制強化への機運が超党派で高まり、複数法案が浮上している。独占禁止法(反トラスト法)違反へのさらなる制裁金を提案しているクロブシャー委員長(民主)は「2社が自社製品と競合するアプリを排除している可能性がある」と、厳しい姿勢を示した。

(2021年04月22日 09時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ