山陽新聞デジタル|さんデジ

大リーグ、大谷が通算100号 前田7失点、沢村無失点

 レンジャーズ戦の3回、5号ソロを放って迎えられるエンゼルス・大谷(左)=アナハイム(共同)
 レンジャーズ戦の3回、5号ソロを放って迎えられるエンゼルス・大谷(左)=アナハイム(共同)
 レンジャーズ戦の3回、本塁打を放つエンゼルス・大谷翔平=21日、アナハイム(AP=共同)
 レンジャーズ戦の3回、本塁打を放つエンゼルス・大谷翔平=21日、アナハイム(AP=共同)
 【アナハイム共同】米大リーグは21日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はレンジャーズ戦に「2番・指名打者」で出場し、三回に日米通算100本塁打となる5号ソロを放って3打数1安打1打点、1得点2三振1死球だった。

 ツインズの前田はアスレチックス戦に先発し、3回を投げて3本塁打を含む8安打で自己ワーストに並ぶ7失点、1三振1死球1暴投で勝敗は付かなかった。

 レイズの筒香はロイヤルズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、5打数1安打、1得点だった。

 レッドソックスの沢村はブルージェイズ戦で1―4の五回途中から2番手で登板し、1回1/3を1安打無失点、2三振だった。

(2021年04月22日 12時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ