山陽新聞デジタル|さんデジ

「温玉ソフトクリーム」販売へ 卵娘庵、有精卵の特長をPR

卵娘庵が発売する「温玉ソフトクリーム」
卵娘庵が発売する「温玉ソフトクリーム」
 採卵養鶏業の卵娘庵(らんこあん)(岡山市南区箕島)は24日から、自社生産の有精卵を使った「温玉ソフトクリーム」の販売を早島町観光センター(岡山県早島町前潟)内の直売店「こひよ」で始める。

 養鶏場内で放し飼いしている鶏の卵を温泉卵の状態にし、バニラ味のソフトクリームと一緒にカップへ入れた。スプーンで混ぜながら食べると、濃厚な黄身とふわふわの白身がソースのように絡まり、自然な甘みが楽しめる。卵ボーロと卵せんべいのトッピング付きで1個480円。

 店舗はJR早島駅近くにあり、高校生や観光客の集客を強化しようと商品化した。同社は「健全な有精卵の特長をより幅広い客層にアピールしたい」としている。

 こひよの営業は午前9時から午後5時(ソフトクリームの提供は同4時まで)。月曜定休。問い合わせは同店(086―483―0514)。

(2021年04月21日 16時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ