山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内7地点で今年初「夏日」 高梁と津山は最高気温27.3度

岡山市でも今年初の「夏日」を観測。日傘を差して市街地を歩く人たち=20日午後1時41分
岡山市でも今年初の「夏日」を観測。日傘を差して市街地を歩く人たち=20日午後1時41分
太陽が照り付ける岡山市街地の上空=20日午後2時19分
太陽が照り付ける岡山市街地の上空=20日午後2時19分
 岡山県内は20日、高気圧に覆われてよく晴れて各地で気温が上昇した。高梁市と津山市では最高気温が27・3度となるなど、観測全16地点のうち7地点で今年初の「夏日」(25度以上)となった。

 夏日になった他の5地点の最高気温は、真庭市久世26・3度、新見市新見25・8度、和気町25・8度、岡山市中心部25・1度、岡山市北区福渡25・1度だった。

 全16地点のうち、倉敷市と笠岡市を除く14地点で今年最高の気温を観測し、平年を2・9~7・5度上回った。

 岡山市街地では、日傘を差す人や上着を脱ぎ、手に持って歩く人の姿が見られた。岡山地方気象台は「22日までは県内全域で晴れ、最高気温は平年よりも4~6度ほど高い日が続くだろう」と予報している。

 20日は二十四節気の一つで、田畑を潤す春の雨が降るころとされる「穀雨」だった。

(2021年04月20日 15時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ