山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県防災メール配信されず 17日夜、システム不具合か

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は18日、県の防災情報メールが17日夜に計4回分配信されないトラブルがあったと明らかにした。システムの不具合が原因とみられる。

 県危機管理課によると、県内には17日午後7時3分から同9時33分の間、県北に3回と全域に1回の計4回、気象庁から竜巻注意情報が発表され、本来は同じ内容のものが防災情報メールとして事前登録者(最大1万3569人)に届くはずだった。防災情報を提供している県の公式ツイッター(フォロワー約2万4千人)でも配信できていなかったという。

 竜巻注意情報の発表を知った県職員が、防災情報メールで配信されないことに気付いて発覚。同課は「詳細な原因を究明し、再発防止に努めたい」としている。

(2021年04月18日 18時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ