山陽新聞デジタル|さんデジ

豪雨被災者支援 女性衣料を贈る ジョンブル、真備の母親らに

自社衣料のセットを倉敷市真備町地区の女性に手渡すジョンブルの菅野専務(右)
自社衣料のセットを倉敷市真備町地区の女性に手渡すジョンブルの菅野専務(右)
 西日本豪雨の被災者を支援しようと、衣料製造販売のジョンブル(倉敷市児島赤崎)は18日、自社のレディース衣料を倉敷市真備町地区の子育て中の母親らに贈った。

 黒いニットのトップスとストライプ柄の紺のパンツをはじめ、上下コーディネートした3パターンを用意。支援物資のマッチングなどを行う市民団体・サンサポートオカヤマ(岡山市)が同町地区に構える拠点に計30人分を持ち込み、希望者に手渡した。

 同社の菅野伸哉専務(41)がサンサポートのボウズ満恵代表(46)と交流があり実現。発行手数料の一部を地域への寄付に充てる中国銀行の「SDGs私募債・地域応援型」を活用し、活動費にした。

 自宅再建中で、現在は倉敷市のみなし仮設住宅で暮らす女性(33)は「豪雨で好きな服が流されて気持ちが沈み、その後も買う服は暗い色や無地が多かった。そろいの新品はうれしいし、明るくなれる」と話した。

 菅野専務は「思った以上に喜んでもらえて何より。今後もできる支援を続けられたら」としている。

(2021年04月18日 18時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ