山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ逆転負け ホーム戦、水戸に1―2

水戸に逆転で敗れ、肩を落とすファジアーノ岡山イレブン=シティライトスタジアム
水戸に逆転で敗れ、肩を落とすファジアーノ岡山イレブン=シティライトスタジアム
 明治安田J2第8節第1日(17日・シティライトスタジアムほか=10試合)前節12位のファジアーノ岡山はホームで同11位水戸に1―2の逆転で敗れた。勝ち点9(2勝3分け3敗)のままで、順位を13位に落とした。

 首位の新潟は金沢に1―0で競り勝ち、2位の琉球は東京Vに2―0で快勝し、ともに勝ち点を22に伸ばした。京都は6―1で北九州に大勝して3連勝。愛媛は今季初勝利を挙げた。

水戸2―1岡山
前半0―1
後半2―0

水戸4勝4敗(12)
岡山2勝3分け3敗(9)

 【評】ファジアーノ岡山は逆転負けを喫した。出足の鋭い守備と両サイドのスペースを突くアタックで主導権を握ると、前半終了間際、右CKのこぼれ球を下口が押し込み先制。しかし、後半は球際の競り合いやこぼれ球の回収で後手を踏む場面が増え、効果的な攻撃も仕掛けられないまま失点を重ねた。2試合連続2失点の守備は、早急な立て直しが求められる。

 水戸は後半、積極的な選手交代で流れを引き寄せた。

(2021年04月17日 20時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ