山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ感染、96日ぶり50人超 岡山県内で53人確認

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で17日、53人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの感染者数が50人を超えたのは1月11日以来、96日ぶり。玉野市と倉敷市で3例のクラスター(感染者集団)が発生した。県内での感染確認は3152人。

 内訳は岡山市22人、倉敷市15人、玉野市7人、浅口市4人、総社市2人、真庭、赤磐、備前市各1人。

 県によると、玉野市の高齢者通所介護施設で利用者4人が感染。既に判明している職員ら3人と合わせて7人となり、県内59例目のクラスターと判断した。

 倉敷市では60、61例目のクラスターが確認された。60例目の感染者は接待を伴う飲食店の利用客3人と、公表済みの従業員3人の計6人。61例目は知人間で会食した9人で、感染者は既に確認されている1人を含め10人となった。

 また、玉野市社会福祉協議会は17日、職員2人の感染を発表した。同協議会事務局がある玉野総合福祉センター(同市田井)は、21日まで臨時休館する。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2021年04月17日 19時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ