山陽新聞デジタル|さんデジ

操山高生自殺 再発防止策示さず 県教委が県議会委で説明 批判相次ぐ

操山高
操山高
 岡山県教委は15日の県議会文教委員会で、2012年7月に操山高(岡山市中区浜)の野球部マネジャーだった2年の男子生徒=当時(16)=が自殺した問題を巡り、第三者調査委員会の報告書を説明。具体的な再発防止策までは示さず、委員から批判が相次いだ。

 委員会では、県教委の対応に質問が集中。担当者は「報告書の内容を確認している」と繰り返し、さらに事実認定の一部に関して「当時の見解と違う内容があり、詳細を確認したい」と述べた。

 これに対し委員は「問題の発生当時と体質が変わっていない」「(外部に)やってもらった調査を確認するとはどういうことだ」と厳しく指摘。河野慶治委員長(自民)が随時、対応状況を委員会に報告するよう求めた。

 3月26日に公表された報告書では、生徒の自殺は野球部監督の叱責(しっせき)などが原因とし、直ちに再発防止策を検討するよう県教委に求めている。

(2021年04月15日 20時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ