山陽新聞デジタル|さんデジ

JR西の「瑞風」が運行再開 観光先の岡山駅で歓迎

運行を再開し、JR岡山駅に停車した「トワイライトエクスプレス瑞風」
運行を再開し、JR岡山駅に停車した「トワイライトエクスプレス瑞風」
岡山駅に停車した「瑞風」を撮影する乗客ら
岡山駅に停車した「瑞風」を撮影する乗客ら
 新型コロナウイルスの影響で、昨年2月末から運休していたJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が14日、運行を再開し、後楽園(岡山市)観光のため、岡山駅に停車した。

 午後2時11分、ダークグリーンの列車がホームに到着。岡山県のマスコットキャラクターのももっち、うらっちをはじめ、半田充彦岡山駅長らが出迎える中、乗客約20人がホームに降り立った。

 一行は専用バスで後楽園へ。観光を楽しんだ後、岡山駅に戻り、午後5時26分に次の立ち寄り先の宍道駅(松江市)へ出発した。

 瑞風は10両編成。この日、新大阪駅を出発した一行は2泊3日で山陽・山陰地方を巡る。同社によると、来年2月までの運行日が決定。予約は9月分まで埋まっている。

(2021年04月14日 20時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ