山陽新聞デジタル|さんデジ

五輪続行はリスクと英紙 日本とIOCに自問促す

 東京都庁の壁面に掲示された東京五輪の公式エンブレム=13日午後
 東京都庁の壁面に掲示された東京五輪の公式エンブレム=13日午後
 英紙ガーディアン(電子版)は12日、新型コロナウイルス再拡大の懸念があることを受け、今夏に延期された東京五輪の開催に「ショーは続行しなければいけないのか?」と疑問を呈する論説記事を公開した。「日本と国際オリンピック委員会(IOC)はこの大会が本当に正当化できるかどうか自らに問い掛けなければならない」と指摘し、大会開催のリスクを厳しい論調で訴えた。

 記事ではブラジルやインドの再拡大のほか、東京都の小池百合子知事が「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請したことや、大阪の聖火リレーが公道での走行を中止した例を紹介した。(共同)

(2021年04月13日 19時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ