山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ禍で“洗濯”の位置付けに変化? パナソニックが、今のニーズに合わせた全自動洗濯機を発表

パナソニックの全自動洗濯機
パナソニックの全自動洗濯機
 新しい生活様式が進む昨今、「これまで以上におうち時間の質を向上したい」という傾向が高まり、洗濯の位置付けに変化が現れているという。パナソニックは、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能を搭載した大容量の全自動洗濯機『NA-FA120V5(洗濯12 kg)』、『NA-FA110K5(洗濯11 kg)』の2機種を6月1日に発売すると発表した。

【写真】縦型だけど大容量で洗剤自動投入!新生活様式にぴったりの洗濯機

 在宅時間や在宅勤務が増えることで身に着ける衣類にも変化が。スーツやコートの着用機会が減り、洗濯できる衣類の着用が増えている。洗濯をより効率的にするために全自動洗濯機の容量や、使い勝手に再び注目が集まっている。

 本製品は、縦型洗濯乾燥機で好評(※1)の『液体洗剤・柔軟剤 自動投入』機能を新搭載し洗濯の効率を高め、さらにデリケートな衣類も気軽に洗える『おしゃれ着コース』を採用した。さらに清潔意識の高まりにも合わせ、洗濯槽を遠心力水流で洗浄する『自動槽洗浄』は、黒カビ抑制(※2)に加え、新たに洗濯槽の除菌(※3)にも対応している。


※1:パナソニックFW100K8愛用者アンケートより
※2 ※3:一般財団法人 日本食品分析センターによる試験

【写真】こんなにフラットになるの!? ベッドやソファの下の掃除も実現できる掃除機
【写真】ヒロミ「掃除をする人がそんなに家にいない」夫の掃除姿に感謝する松本伊代
【写真】「ステキなお部屋!」昨年オープンしたIKEA原宿店、都市型の暮らしに合わせた部屋づくり提案
【写真】UVカットだけでなく遮熱効果も マスクみたいに手軽に付けられるフェイスカバー
夏の暑さも安心、毎年人気の『Francfranc』のハンディファンが抗菌仕様にリニューアル

(2021年04月13日 18時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ