山陽新聞デジタル|さんデジ

大相撲の元関脇麒麟児が死去 激しい突っ張りの名力士、67歳

 激しい突っ張りの名力士として知られる麒麟児=1985(昭和60)年1月14日、両国国技館
 激しい突っ張りの名力士として知られる麒麟児=1985(昭和60)年1月14日、両国国技館
 大相撲の元関脇麒麟児で、激しい突っ張りの名力士だった垂沢和春(たるさわ・かずはる)さんが3月1日、多臓器不全のため自宅で死去した。日本相撲協会が13日、発表した。67歳。千葉県出身。葬儀・告別式は家族葬で執り行われた。

 糖尿病と腎臓を患っていた。相撲協会関係者によると、2015年夏ごろに頭部の腫瘍摘出手術を受けた影響で顔面にまひの症状が残り、体調が悪かった。

 1967年夏場所で二所ノ関部屋から初土俵を踏み、74年秋場所で新入幕。幕内に通算84場所在位した。三賞受賞は11度。

(2021年04月13日 17時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ