山陽新聞デジタル|さんデジ

よさこい祭り、規模縮小し開催へ 高知、スタジアム会場で

 高知県の夏の風物詩、よさこい祭りを主催する「よさこい祭振興会」が、今年は規模を縮小して8月19、20日に高知市の「りょうまスタジアム」で開催する方針であることが12日、振興会への取材で分かった。今月末の振興会の総会で正式決定する見通し。昨年は新型コロナウイルスの影響で1954年に始まって以来、初めて4日間の全日程を中止した。

 よさこい祭りは例年、市内のアーケードや商店街を会場に、「鳴子」と呼ばれる木製の打楽器を鳴らしながらチームごとに参加者が踊る。振興会は、踊り手と観客の動線の分離や検温・消毒などの感染対策ができることから同スタジアムを候補地とした。

(2021年04月12日 16時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ