山陽新聞デジタル|さんデジ

那岐山麓に輝く黄色のじゅうたん 岡山・奈義、菜の花が見頃迎える

那岐山の麓で見頃を迎えた菜の花
那岐山の麓で見頃を迎えた菜の花
 岡山県奈義町の那岐山麓で菜の花が見頃を迎えた。春の陽光に輝く黄色の“じゅうたん”が、新型コロナウイルス禍で疲れた住民らの心を和ませている。

 美しい風景をPRしようと、同町が地元農家の協力を得て約10年前から栽培。那岐山麓山の駅(同町高円)周辺などの約24ヘクタールで咲き誇っている。

 開花は例年より2週間ほど早く、今後1週間程度は楽しめるという。観賞に訪れた会社員男性(63)=同町=は「町のあちこちできれいな花が咲き、癒やされる」と話していた。

 この時季、特産物を販売する「菜の花まつり」(同町などでつくる実行委主催)を開いているが、コロナ禍のため、昨年に続いて中止。観賞スポットと開花状況を同町のホームページで紹介している。

(2021年04月10日 18時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ