山陽新聞デジタル|さんデジ

県内 全地点で月間平均気温最高 3月気象概況、降水量は少なく

史上2番目の早さで満開となった岡山市内の桜=3月29日、後楽園東側の旭川河川敷
史上2番目の早さで満開となった岡山市内の桜=3月29日、後楽園東側の旭川河川敷
 岡山地方気象台は3月の気象概況をまとめた。高気圧に覆われて晴れ気温の高い日が多かったため、月間平均気温は16ある観測地点全てで同月の観測史上最高を更新した。

 各地の月間平均気温は、岡山市中心部11・3度(これまでの最高は2002年の10・9度)▽倉敷市11・1度(同20年の10・2度)▽津山市9・3度(同18年の8・7度)―などだった。

 月間日照時間も延び、岡山市中心部202・2時間(平年169・3時間)▽倉敷市191・9時間(同167・4時間)▽美作市183・6時間(同142・3時間)―など。全15観測地点で平年より18・6~41・3時間長くなった。

 陽気の影響で、後楽園(岡山市)の標本木の桜は、02年と並んで最速タイとなる20日に開花。満開は29日で、こちらは観測史上2番目の早さだった。同じ29日には、岡山市で1年5カ月ぶりに黄砂が観測された。

 一方、月間降水量は各地で平年並みかそれ以下となった。

 4月の今後の天候について同気象台は「天気は数日の周期で変わるものの、平年に比べ晴れる日が多くなる。気温は平年並みか平年より高く推移するだろう」と予報している。

(2021年04月09日 18時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ