山陽新聞デジタル|さんデジ

県民優先枠 初日応募3822人 おかやまマラソン、定員の9割超

2019年のおかやまマラソン
2019年のおかやまマラソン
 11月14日に岡山市で開かれる「おかやまマラソン2021」の実行委員会は8日、岡山県内在住者を対象としたフルマラソンの県民優先枠に、募集初日は3822人の応募があったと発表した。例年の2倍に設定した定員(4千人)の95・6%で、初日の応募数としては過去4番目。

 募集は7日正午に専用サイトなどで始め、8日午前0時までを集計した。これまでの初日応募の最多は2019年(第5回)の4936人。昨年の大会が新型コロナウイルスの影響で中止になったことから、より多くの県民に楽しんでもらうため優先枠を増やしている。14日まで受け付け、抽選で参加者を決める。結果は5月11日に通知する。

 一般枠(定員8千人)の募集期間は4月15日~5月17日。応募多数の場合は抽選で、優先枠で外れた人は自動的に一般枠の抽選に回る。ファンラン(5・6キロ)は実施しない。

 いずれも大会公式ホームページにリンクする専用サイトやコンビニエンスストアのローソンかミニストップの店頭端末で申し込む。問い合わせはコールセンター(0570―010―610、平日午前10時~午後5時)。

(2021年04月08日 11時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ