山陽新聞デジタル|さんデジ

学生支援へ「100円」メニュー コロナ禍で岡山商科大 食堂で提供

100円になったカレーライスやラーメンを食べる岡山商科大の学生=7日
100円になったカレーライスやラーメンを食べる岡山商科大の学生=7日
 新型コロナウイルス禍で、仕送りやアルバイト収入が減るなどして経済的に困っている学生を支えようと、岡山商科大(岡山市北区津島京町)は、学内の食堂で日替わり定食とカレーライス、ラーメンを100円で提供している。前期授業が終了する7月下旬まで続ける予定。

 同大ではこれまで授業料減免制度を新設したほか、駐車場の一時無料化などを実施。さらなる支援に向け、5日から100円メニューを導入した。日替わり定食の通常料金は450円、カレーとラーメンは各350円。差額を大学が補助する。

 7日に仲間10人と訪れ、カレーを食べた経営学部3年の男子学生(20)は「最近、アルバイト先の飲食店が閉店し、月5万円ほどのバイト代が入らなくなった。昼食を安く抑えられるのは本当に助かる」と話していた。

(2021年04月07日 18時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ