山陽新聞デジタル|さんデジ

春の交通安全県民運動スタート 倉敷で県など推進大会 決意新たに

交通安全への意識を新たにした推進大会
交通安全への意識を新たにした推進大会
 春の交通安全県民運動が6日、スタートした。倉敷市水江のイオンモール倉敷では岡山県や同市などが主催する推進大会が開かれ、関係者が交通事故のない社会の実現に向けて決意を新たにした。15日までの運動期間中、県内各地で交通ルールの順守や歩行者の安全確保に向けた活動が展開される。

 大会には行政、警察、関係団体などから約30人が出席。伊原木隆太知事は「交通死亡事故を1件でも減らしたい。『思いやり ゆとりは無事故へ つづく道』のスローガンを胸に頑張ろう」と呼び掛けた。

 県トラック協会、県バス協会などが、LED(発光ダイオード)ライトや夜光たすきといった啓発グッズを県交通安全対策協議会に贈呈。期間中に街頭で啓発活動をする同市幼児交通安全クラブなどの関係団体にも資材が贈られた。

 国末稔県警交通企画課長は「横断歩道での歩行者優先ルールの順守に力を入れ、徹底した取り締まりをしていく」としている。

 新型コロナウイルスの影響により、例年行っている市民を招いてのパフォーマンスや歩行者への啓発グッズの配布は取りやめた。

(2021年04月06日 13時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ