山陽新聞デジタル|さんデジ

橋田壽賀子さん死去 石井ふく子氏「考えられません」【コメント全文】

橋田壽賀子さんを追悼した石井ふく子氏(左) (C)ORICON NewS inc.
橋田壽賀子さんを追悼した石井ふく子氏(左) (C)ORICON NewS inc.
 脚本家の橋田壽賀子(本名:岩崎壽賀子)さんが、急性リンパ腫のため4日午前9時13分死去した。95歳。訃報を受け“盟友”石井ふく子プロデューサーが5日、追悼コメントを発表した。

【写真】当時合計183歳コンビ…橋田壽賀子さん&石井ふく子氏が『SNOW』挑戦

 石井氏は「橋田さんとは60年のお付き合いです。年中喧嘩したり、相談したり、家族のように付き合ってきました。一日電話しないと『どうしたの?』と心配されることもありました。思い出がありすぎて何も言えません。こんなに急だなんて悔しくて、なんと言っていいかわかりません。『あなた一人でどこに行ったのよ』という思いでいっぱいです」と、つらい胸中を吐露。

 「橋田さんは現在のコロナ禍の状況を見て、そこで感じた家族の形を書きたいとおっしゃっていました。同時に『私はいつも一人だと思っていたけれど、あなたたちがそばにいてくれたのね』とおっしゃって。私は『今更、なにを言ってるのよ』と返しましたけれど。お互いに元気でいようねって話していたところでした。今、私の隣りに笑って私を見ている遺影があります。まだ、橋田さんがこの世からいなくなったなんて考えられません」と記した。

 橋田さんは、今年2月下旬、都内の病院に入院し、治療に専念。3月中旬、熱海市内の病院に転院。4月3日、熱海市内の自宅に戻り、翌4日、静かに息を引き取った。なお、故人の遺志により、通夜、告別式は執り行わず、きょう5日、茶毘(だび)に付された。

 橋田文化財団については今後も「故人の想いを引き継ぎ、今後も、放送文化の発展に微力ながら貢献して参る所存です」としている。なお、お別れの会などについても、遺志に従い、行う予定はない。

 橋田さんは、京城出身。松竹に入社。1959年よりフリーの脚本家になる。『おしん』、『渡る世間は鬼ばかり』、『春日局』、『おんな太閤記』など、数々の国民的テレビドラマを生み出し、大ヒットとなる。66年、TBSプロデューサーの岩崎嘉一と結婚。92年、橋田文化財団設立し、理事長に就任。

■以下、石井ふく子プロデューサーコメント

橋田さんとは60年のお付き合いです。年中喧嘩したり、相談したり、家族のように付き合ってきました。一日電話しないと「どうしたの?」と心配されることもありました。思い出がありすぎて何も言えません。こんなに急だなんて悔しくて、なんと言っていいかわかりません。「あなた一人でどこに行ったのよ」という思いでいっぱいです。
橋田さんは現在のコロナ禍の状況を見て、そこで感じた家族の形を書きたいとおっしゃっていました。同時に「私はいつも一人だと思っていたけれど、あなたたちがそばにいてくれたのね」とおっしゃって。私は「今更、なにを言ってるのよ」と返しましたけれど。お互いに元気でいようねって話していたところでした。
今、私の隣りに笑って私を見ている遺影があります。まだ、橋田さんがこの世からいなくなったなんて考えられません。

【写真】2人あわせて187歳!橋田壽賀子氏&石井ふく子氏
京唄子さんが死去 89歳 『渡る世間は鬼ばかり』など出演
女優の菅原チネ子さん死去 『渡る世間は鬼ばかり』などに出演
『渡る世間は鬼ばかり』23年間使い続けた「幸楽」のセットが見納め
【写真】橋田壽賀子氏&石井ふく子氏、角野卓造も…『渡鬼』ファミリーの仲良しショット

(2021年04月05日 17時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ