山陽新聞デジタル|さんデジ

備前市長選 木村氏が出馬表明 4月4日告示、11日投票

木村正義氏
木村正義氏
 任期満了に伴う備前市長選(4月4日告示、同11日投票)に、元市議で新人の木村正義氏(77)が30日、無所属で立候補する意向を表明した。

 同市内で記者会見した木村氏は、人口減少や産業の衰退で地域が停滞しているとし「市政の重要な課題が先送りされてきた。片上湾の一部を埋め立てて広大な土地を確保し、企業誘致を進める。若者が働ける場所をつくりたい」と述べた。市内への新幹線駅の開設も目標に掲げた。

 木村氏は備前高(現・備前緑陽高)卒。1980~2000年の間に旧備前市議を計4期務め94~96年は副議長。2000年、06年の同市議選、09年の同市議補選で落選した。

 同市長選には、再選を目指す現職の田原隆雄氏(76)、前職の吉村武司氏(74)の無所属2人が出馬を表明している。

(2021年03月30日 17時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ