山陽新聞デジタル|さんデジ

グランプリに木浦さん(真庭) 新庄村の四季写真コンテスト

グランプリに選ばれた木浦さんの作品
グランプリに選ばれた木浦さんの作品
 岡山県新庄村の自然風景や伝統行事などをテーマにした「四季写真コンテスト」(村主催)の入賞者10人が決まり、最優秀のグランプリに木浦正夫さん=真庭市=の「晩秋の桜通り」が選ばれた。全入賞作品は村ホームページで公開されている。

 村内外から85点の応募があり、村在住の自然写真家・森本二太郎さんや村長らが2月に審査した。

 木浦さんは、昨年11月中旬に宿場町の面影を残すがいせん桜通りで撮影。紅葉したソメイヨシノの落ち葉を低いアングルから切り取った。審査員から「画面の美しさが心をとらえる」などと評価された。

 グランプリのほか、特選3点、入選6点を選び、入賞者にはデジタルカメラや村特産品の詰め合わせを贈った。コンテストは、村の魅力発信を狙いに2006年度から毎年開いている。

(2021年03月30日 13時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ