山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山城や後楽園 水面からの眺めは 岡山・旭川遊覧クルーズ試乗会

岡山城天守閣前をゆったりと進む観光遊覧船
岡山城天守閣前をゆったりと進む観光遊覧船
咲き誇るソメイヨシノを眺めながら川面を進む観光遊覧船
咲き誇るソメイヨシノを眺めながら川面を進む観光遊覧船
船内では観光スポットや歴史遺産を紹介するガイド音声が流れ、沿岸の歴史や文化に親しめる
船内では観光スポットや歴史遺産を紹介するガイド音声が流れ、沿岸の歴史や文化に親しめる
 31日から岡山市中心部の旭川で始まる観光遊覧クルーズ。25日に試乗会があり、一足早く岡山城や後楽園といった歴史遺産を眺めながらゆったりと川を往来した。クルーズの模様を写真と動画で紹介する。

 後楽園そばから黒い和風の船で出発。外苑で咲き誇るソメイヨシノを眺めたり、城の石垣を水面から見上げたり、普段は見られない景色を楽しめた。約3キロを30分かけて遊覧する間、岡山城の通称の「烏城」「金烏城」の由来や、江戸時代の藩主が愛した後楽園の施設などを紹介するガイド音声を楽しめる。

 クルーズは、市などでつくる官民組織による水辺空間を活用したまちづくりの社会実験で実施。9月末まで、毎日午前10時から1時間おきに計8便運航する。料金は中学生以上2千円、小学生千円など。問い合わせはおかやま旭川遊覧クルーズ(086―201―1601)。

(2021年03月25日 16時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ