山陽新聞デジタル|さんデジ

女性と不適切交際 月給30%削減 西粟倉村長、議会で条例案可決

青木秀樹村長
青木秀樹村長
 岡山県西粟倉村の青木秀樹村長は24日、女性との不適切な交際を巡り、道義的責任があるとして4~6月支給分の給与を月額30%削減する条例案を定例村議会に提出し、可決された。

 村長は「個人的な事案ではあるが、村や村民に多大なご心配、ご迷惑をかけた。道義的責任を強く感じ、自戒している」などと提案理由を述べた。給与は月額65万円。任期(2023年9月)は全うする意向を示した。

 村長が出張先で公務と関係のない女性と会っているなどの情報が一部の村議に寄せられ、村長は不適切な交際を認めていた。

(2021年03月24日 19時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ