山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県 高齢者接種5月17日から ワクチン、4月は施設入所者

岡山県 高齢者接種5月17日から ワクチン、4月は施設入所者
高齢者へのワクチン接種のスケジュールなどが報告された協議会の会合=岡山県庁
高齢者へのワクチン接種のスケジュールなどが報告された協議会の会合=岡山県庁
 岡山県と県内全27市町村は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関する協議会を開き、施設入所者以外の高齢者への接種を5月17日から県内で一斉に始めることを申し合わせた。また開始に合わせ、県民が居住地以外の自治体でも接種を受けられるよう共同体制を敷くことを改めて確認した。

 高齢者への接種は、政府が4月12日から全国でスタートさせる方針を示している。しかし、当面はワクチンの供給が限られる見通しであることから、岡山県では同月中は集団感染のリスクが高い施設入所者への巡回接種を先行して進めることとしている。

 この日の協議会では県の担当者が、ワクチンの供給が安定するのを見据え、施設入所者以外の接種を一斉スタートさせる方針を説明し、了承された。接種に向けては実施主体である市町村が5月9日までに対象者に接種券を送り、同10日から予約を受け付ける。

 県によると、高齢者施設の入所者への巡回接種は既にワクチン接種を受けた医師が施設に出向いて実施し、入所者以外への接種は診療所での個別接種や公共施設での集団接種を想定。居住地以外でも受けられるようにするのは今後の一般住民への接種を踏まえた対応で、市町村をまたいで通勤、通学する人の利便性を確保する狙い。

 協議会長を務める県保健福祉部の根石憲司・福祉政策企画監は会議後、「市町村の足並みがそろい、県民が接種を受けやすい体制が整った。県医師会などと連携し、市町村を全面的に支援したい」と述べた。

 高齢者接種用のワクチンは、国が4月5日の週から出荷を開始、5月10日の週以降は各市町村の需要に応じて供給を本格化させ、6月末までに全ての高齢者分を市町村に届けるとしている。ただ、4月中の供給は岡山県内の高齢者約56万人に対して約2万4千人分にとどまる見通し。

(2021年03月24日 19時59分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ