山陽新聞デジタル|さんデジ

避難者の現在地 子どもたち 成長し、古里を模索

 毎週水曜の放課後、岡山市内で開かれる「こどものひみつきち」。2011年の東日本大震災で避難してきた...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2021年03月13日 07時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ