山陽新聞デジタル|さんデジ

銅像ポーズは定番「アイーン」 志村けんさん故郷に設置

 「アイーン」のポーズを決める志村けんさん=2012年5月
 「アイーン」のポーズを決める志村けんさん=2012年5月
 新型コロナウイルス感染による肺炎で亡くなったタレント志村けんさんの銅像を故郷の東京都東村山市に設置する計画で、志村さんの定番ポーズ「アイーン」をかたどって制作することが9日までに決まった。7月にもお披露目する予定で準備が進んでいる。

 志村さんは昨年3月に死去。銅像は同市や東村山青年会議所などでつくる実行委員会が計画中で、西武線東村山駅東口に等身大サイズで設置される。ポーズは実行委で検討し、人気ギャグ「だっふんだ」「ヒゲダンス」などの中から、「志村さんらしい姿」として「アイーン」を選んだ。

 制作費は昨秋にクラウドファンディングで募り、2700万円を超えた。

(2021年03月09日 18時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ