山陽新聞デジタル|さんデジ

燦然 山廃純米 雄町×菜の花とアンチョビーの炒めもの 雄町米のうまみ際立つ

 野山の花が日ごとに彩りを増し、風のにおいや日差しもぐっと春めいてきました。厳寒期の仕込みを経て、新...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2021年03月10日 16時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ