山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ 今季ホーム初戦は黒星 金沢に0―1

前半40分に先制点を決められ、悔しい表情を浮かべるファジアーノ岡山の井上黎生人(右)ら=シティライトスタジアム
前半40分に先制点を決められ、悔しい表情を浮かべるファジアーノ岡山の井上黎生人(右)ら=シティライトスタジアム
 明治安田J2第2節最終日(7日・シティライトスタジアムほか=6試合)ファジアーノ岡山はホームで金沢に0―1で敗れ、開幕2連勝を逃した。勝ち点は3(1勝1敗)のままで、順位は9位。

岡山0-1金沢
前半0-1
後半0-0

岡山1勝1敗(3)
金沢1勝1敗(3)

【評】ファジアーノ岡山はゴール前での詰めの甘さが響き、ホーム初戦を落とした。前半15分、徳元の左クロスに合わせた河野の左足シュートが相手GKの好セーブに防がれたのをはじめ、相手を上回る12本のシュートを放ったがいずれも空砲に終わった。試合を通じてセカンドボールの争奪で後手を踏む場面が目立ち、主導権を握りきれなかったことも痛かった。

 金沢は前半40分の先制ゴールをしぶとく守り切った。

(2021年03月07日 20時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ