山陽新聞デジタル|さんデジ

オリックス、安達了一が陽性 濃厚接触なしも2人が待機

 オリックスの安達了一内野手
 オリックスの安達了一内野手
 プロ野球オリックスは5日、安達了一内野手(33)が横浜市内の病院で新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受け、陽性と判定されたと発表した。遠征先の横浜市内のホテルで起床時に37・2度の発熱と鼻水、喉の痛みを訴えた。ホテルで隔離療養している。

 保健所の調査でチーム内に濃厚接触者はいないと判断された。球団は3日の試合でロッカーが隣だった太田椋内野手(20)と2日に一緒にトレーニングしたT―岡田外野手(33)を、横浜スタジアムで5日に行われたDeNAとのオープン戦で試合開始直前に先発メンバーから外し、ホテルで待機させた。

(2021年03月05日 18時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ