山陽新聞デジタル|さんデジ

選抜大会中も選手らにPCR検査 日本高野連、運営委

 日本高野連は3日、第93回選抜高校野球大会の運営委員会をオンラインで開催し、新型コロナウイルス感染症対策としてPCR検査を、開幕前だけでなく大会中にも実施することなどを決めた。

 大会前の対象は選手18人、部長、監督ら1校につき27人がPCR検査を受け、1回戦に勝利したチームは原則、試合の翌日に再び検査を受ける。チーム関係者の感染が判明した場合は、関係者の再検査を実施。主催者が設置する緊急対策本部で協議し、当該校の扱いを決定する。チーム内での集団感染か個別の事案かを最重要視するとしている。

(2021年03月03日 20時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ