山陽新聞デジタル|さんデジ

元関西大教授の肥田晧三さん死去 大阪の庶民文化研究

 大阪の庶民文化に詳しい書誌学者で元関西大教授の肥田晧三(ひだ・こうぞう)さんが2月22日に死去したことが3日、分かった。90歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻美知子(みちこ)さん。

 高校を中退後、大阪府立中之島図書館の非常勤嘱託、関西大講師などを経て、1984年に関西大教授に就任。90年まで書誌学、近世文学を講義した。

 近代文学や上方芸能史など幅広い分野で研究や資料収集を行い、大阪の庶民文化を伝える「なにわ学者」として知られた。著書に「上方風雅信」「再見 なにわ文化」など。共編に「近世子どもの絵本集」。

(2021年03月03日 12時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ