山陽新聞デジタル|さんデジ

栃木県の山火事鎮圧 避難勧告すべて解除

 消防隊員らの労をねぎらう足利市の和泉聡市長=1日午後、栃木県足利市
 消防隊員らの労をねぎらう足利市の和泉聡市長=1日午後、栃木県足利市
 栃木県足利市は1日、両崖山(251メートル)一帯で起きた山林火災がほぼ消し止められたとして、午後4時に鎮圧したと発表した。これに伴い、周辺の305世帯に出していた避難勧告をすべて解除した。

 地上と上空のヘリコプターから煙が出ていないことなどを確認した。記者会見を開いた和泉聡市長は、完全に消火する鎮火の見通しに関し「火種が残っている可能性がある。4~5日は様子を見たい」とし、残火処理を続けると表明。2日にまとまった雨が降れば、鎮火が早まる可能性もあるとも触れた。

 市によると、人的被害と住宅への延焼は確認されていない。鎮火後に消防と警察が出火原因を調べる。

(2021年03月01日 19時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ