山陽新聞デジタル|さんデジ

池田動物園 キリン15日にも搬入 4月半ばに一般公開予定

池田動物園に新たに仲間入りする「サンタロウ」(高知県立のいち動物公園提供)
池田動物園に新たに仲間入りする「サンタロウ」(高知県立のいち動物公園提供)
 池田動物園(岡山市北区京山)は1日、受け入れを表明している雄のアミメキリン「サンタロウ」(1歳)について、今月15日にも搬入し、4月半ばに一般公開する予定と発表した。お披露目までは非公開とし、新たな環境での生活に慣らすことを最優先させる。搬入日は臨時休園する。

 同園によると、キリンは神経質で、移動させるのが非常に難しいという。一般公開までの間は発育状況や訓練の様子などを園のホームページで披露し、画面越しに見てもらう考え。忠政智登士副園長は「新たな園の顔。子どもたちをはじめ多くの皆さんに喜んでもらえるよう、一生懸命大切に育てていきたい」と話している。

 サンタロウは、高知県立のいち動物公園(香南市)が飼育。頭までの体高は約3メートル、体重約300キロ。受け入れは岡山青年会議所の創立70周年記念事業の一環で、経費の一部はクラウドファンディングで市民らが協力した。

(2021年03月01日 16時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ