山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内公立高50校で卒業式 9600人、学びや巣立つ

マスク姿で会場を後にする岡山東商業高の卒業生
マスク姿で会場を後にする岡山東商業高の卒業生
新型コロナウイルス対策で例年より座席の間隔を取った岡山東商業高の卒業式
新型コロナウイルス対策で例年より座席の間隔を取った岡山東商業高の卒業式
岡田校長(手前)から卒業証書を受け取る卒業生の代表。参加者はマスク姿で臨んだ=岡山東商業高
岡田校長(手前)から卒業証書を受け取る卒業生の代表。参加者はマスク姿で臨んだ=岡山東商業高
 岡山県内の公立高50校で1日、卒業式があった。各校が新型コロナウイルスの感染防止対策を講じる中、約9600人が希望を胸に思い出の詰まった学びやを巣立った。

 岡山東商業高(岡山市中区東山)では、ビジネス創造、情報ビジネスの2科で計314人が卒業。在校生や来賓の出席を見合わせ、卒業生や保護者、教職員が間隔を取って着席したほか、校歌は斉唱せずに吹奏楽の演奏にとどめるなど対策を徹底した。

 式では岡田哲朗校長が卒業生の代表者に卒業証書を手渡し「コロナで部活動の大会などが中止となり、悔しい思いもしただろうが、夢を持ち続けて今後も困難に立ち向かってほしい」と激励。ビジネス創造科の松若美波さん(18)は「長期の休校で下を向いていたときにも支え続けてくれた先生には、感謝の気持ちでいっぱい」と答辞を述べた。

 県内の公立高64校では今春、約1万2千人が卒業する。卒業式はこの日がピークで、7日まで続く。

(2021年03月01日 12時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ