山陽新聞デジタル|さんデジ

デモ参加女性、撃たれ死亡と報道 情報錯綜で重傷説も、ミャンマー

 27日、ミャンマー・ヤンゴンで、催涙ガスから逃げるデモ参加者(ロイター=共同)
 27日、ミャンマー・ヤンゴンで、催涙ガスから逃げるデモ参加者(ロイター=共同)
 【ヤンゴン共同】ミャンマーの複数の地元メディアは27日、中部モンユワで国軍のクーデターに抗議するデモに参加していた女性が撃たれ死亡したと報じた。一方、重傷とする報道もあり、情報が錯綜している。最大都市ヤンゴンでは、約160人が拘束された。AP通信のミャンマー人カメラマンらジャーナリスト3人が含まれているという。

 各地で続くデモでは26日までに、治安部隊の発砲で少なくとも3人が死亡。このほか夜警活動中の男性が警察に射殺された。

 報道によると、モンユワでは27日、治安部隊が出動して放水を繰り返し、デモ隊を解散させた。女性はこの際に腰を撃たれたという。

(2021年02月28日 01時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ