山陽新聞デジタル|さんデジ

【列車情報】山陽新幹線で遅れ 車両、線路を確認

 JR西日本によると26日午後0時20分ごろ、山陽新幹線の、のぞみ108号(東京行き)が新尾道駅(尾道市)―福山駅(福山市)間を運転中に通常と異なる音を認めたため、車両と線路の確認を行った。この影響で新大阪駅(大阪市)―博多駅(福岡市)間の一部列車に10~25分の遅れが出ている。(午後1時5分現在)

(2021年02月26日 13時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ