山陽新聞デジタル|さんデジ

英音楽賞、居住者も対象に 日本人歌手の問題提起実る

 2019年10月、ロンドンで歌うリナ・サワヤマさん(ゲッティ=共同)
 2019年10月、ロンドンで歌うリナ・サワヤマさん(ゲッティ=共同)
 【ロンドン共同】英国を代表する二つの音楽賞を主催する英国レコード産業協会は25日までに、英国籍などに限ってきた受賞資格を変更し、長期居住者にも門戸を開くことを決めた。同協会が同日、明らかにした。英国で育ったのに受賞資格を得られないとして、日本人歌手リナ・サワヤマさん(30)が問題提起した結果、ルール変更が認められた形となった。

 音楽賞はブリット・アワードとマーキュリー賞。サワヤマさんは英人気歌手エルトン・ジョンさんも高く評価する実力派で、英主要メディアもこの問題を報じていた。サワヤマさんは昨年問題提起し、主催者側と協議を重ねてきた。

(2021年02月26日 05時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ