山陽新聞デジタル|さんデジ

聖火リレーのコロナ対策を公表 居住地限定、ネット視聴も促す

 聖火リレーの説明会であいさつする東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(中央)=25日午前、東京都中央区
 聖火リレーの説明会であいさつする東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(中央)=25日午前、東京都中央区
 東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、開始まで1カ月となった五輪聖火リレーの新型コロナウイルス感染症対策の詳細を公表した。観客には居住する都道府県以外での観覧は控えてもらうほか、沿道の密集を避けるため、インターネットのライブ中継の視聴を促す。

 組織委の橋本聖子会長は「コロナ対策を万全に、安全最優先で進めていくことが大変重要」と強調。都道府県や市区町村と連携し「きめ細かな対応で、全国に希望をつなぐ聖火リレーを実現したい」と述べた。

 現地観覧では、近くの人との適切な距離を確保し、マスク着用、大声を出さずに拍手で応援するなどの注意事項の順守を呼び掛ける。

(2021年02月25日 11時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ